マイクロソートの産み分け成功率とは

マイクロソートは日本の中で受けられる最高確率の男女の産み分け方法。

赤ちゃんの性別は一生もの。

だからこそ「確率」はとても重要ですよね。

そこで気になるのがマイクロソートの産み分け成功率や評判です。

そこで、ここではマイクロソートの口コミや効果を調査しました。

マイクロソートの効果と魅力

マイクロソートを利用した時に得られるメリットを確かめていきましょう。

90%を超える産み分け確率

マイクロソートの産み分け成功率は女児で90%、男児で80%超えで産み分け確率が非常に高いとこの数字から読み取れます。

マイクロソートは1500人を超える妊婦の追跡調査を行った結果、100%に近い産み分け確率を誇る着床前診断の精度とそれほど変わらない93%前後の産み分け確率であることが確認されています。

赤ちゃんの性別は授かったら一生もの。

なんとしてでも希望の性別が欲しい。そんなご夫婦にマイクロソートはピッタリです。

他の方法と比べて手軽に行える

日本で受けられる産み分け方法であるパーコール法は医療クリニックへの受診が不可欠です。また産み分け成功率は高くなく「希望の性別を授かったらラッキー」程のものです。

またお住まいの地域によっては近くに産み分けを受けられる産科がない場合も多いです。

その点マイクロソートは医療クリニックを受診する必要はなく、精液を所定の機関へ送付すればOKです。

超高額な費用を必要とするわけではない

着床前診断は100%に近い産み分け率を誇っている分最大で500万円前後の資金がかかり、この方法を選択できるご家庭はごくわずかです。

その点マイクロソートの利用でかかる費用は約45万円弱程度

約10分の1程度の価格で着床診断と同程度の産み分け成功率を誇る産み分け方法を受けられます。

極端な話着床診断を受ける価格よりもコストを抑えて希望の性別を授かれる可能性が高いです。

妊娠確率が高い

マイクロソートを受ける際気になるのが妊娠率です。

希望の性別の精子を得られたとしても妊娠しなければ意味がありません。

その点、マイクロソートは1回セットの場合は自然妊娠とそれほど変わらない妊娠確率ですが、3回セットの場合だと60%を超える妊娠確率です。

産み分けゼリー及びパーコール法は自然妊娠とそれほど変わりませんので、マイクロソートの妊娠確率がいかに高いのかよくわかります。

女性の中にはまず妊娠確率の高さを気にする人もいるはずですから、妊娠確率が高いマイクロソートなら妊娠を十分期待して利用できます。

マイクロソートの申込方法は公式サイトより可能です。

マイクロソート申込方法

マイクロソートは公式サイトの「お申込みフォーム」をクリックし、

「検査概要及び費用」項目に目を通し「同意事項」と「プライバシーポリシー」に同意するにチェックした後「同意して申し込む」をクリックします。

次に

  • 何回分のキットを希望か
  • 希望の性別
  • 申込者情報(夫)
  • 申込者情報(妻)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 住所
  • マイページログインパスワード

を入力した後確認画面に進み、間違いがなければ検査申込へと進みます。

精液持ち込み後検査が行われ、米国での精液選別が行われた後、希望の性別の精子がキットと一緒に自宅に届きます。

この期間は約2か月程です。

早ければ約1年後に希望の性別の赤ちゃんとご対面です。